豊満な脳みそ←わがままブレーン

ただただ、暗号文をつくりたいがため・・・・・・ 専用の復号プログラムとパスナンバーが9つあれば読めるブログ。さもなければ、ある程度正確に暗号化の仕組みを理解したうえで、総当たり(brute attack)で最大約6,631,300,125,000,000通りの試行が解読に必要です。

aecgdaYZcheecbYZacgFNFQGdeecbYZacgZYYbbYZYYYYgaYZaaYYeabebbYZacgchecbYYadbYcdcbYZadehZadbYZabhYhhbbYJIY#DhgcbYaadbYZadegaZdbYcbcbYdYYgZcdbfZaddeZaYdZgdhbbYbehebYebbYYhbbYghbbYecheadffcaZadfbYhcbYZbdbYehcbYZafbh

 

 

2222 3 17 5 17 23 8 59 22
2017年11月4日18時32分

 

 

youtu.be

 

4人で観ているところ。

 

f:id:DWJEqxs2G0:20171104182947j:plain

XvwtsruuYurue*<v)uywtytywsXtYYruuxXusxtsruuXtruuYyruvtuvXwtsrutXrxxwtsruuytruuyyrutXruxwtsruuXYruuYuruuYyruuxuruuYuYwwtstrtuwuywtsruvxsruwvrruvxwruwusruvXyXXutsruuYuruvg"g%frXtrtuwutwtsruvxsXsxtsruvxwruwusruvXyuYwtsruwrsttwtsruuXsswtswsrYvxXxxXtssruwtxsxtruuXXvXrxtvysrt

 

0311 14 12 24 11 75 47 17 9
2017年11月2日22時29分

 

このキテレツ暗号ブログに今日は日本語でおのろけを書いて、もっとキテレツにしてやる。

 

 

のび太です。のび子さんからはなかなかうさぎ認定が下りませんが、多分うさぎです。

最近はダンス観賞など、のび子さんといっしょにハマるものが増えました。ますます楽しい日々です。基本的によく食べてよく眠ります。

写真は結婚の時に交換した指人形と、のび子・のび太肖像画です。うちの歴史の一部です。

 

f:id:DWJEqxs2G0:20171102223440j:plain

 

うち中でうさぎの絵たちがこんな調子で飛び跳ねています。うちの中は、絵や人形だらけで、この一角よりもずっと派手。今つながりのある作家さんたちから買った良い作品と、のび子さんの作品が混在しています。目の前の楽しさ重視の、うちらしいセレクトです。

ボクは「つまらないや」と思ったらもう思い出しもしなくなる性格ですごく極端なんだけど、ここではずっと魅了されます。きっとこうして歴史が刻まれていくのでしょう。

誰得なので、そろそろ。

AB

'$%_'&&!` $$%!%'$$"!"$#%&'$$ &'$$` '$$!}s}p|$` #%&'$$`"!&#%&'$34'C×#&_'$$`"'$#& %#%&'$#__'""%&'$#_!"%"%&#"#%&

 

2032 5 20 15 21 78 40 27 63
2017年10月29日23時28分

 

 

youtu.be

 

 

youtu.be

「ウェブアプリ」なんて言葉を知らないくせに、日頃お世話になっていたのでその概念をすでに所有していたという驚きがほんの数週間前。

このブログもウェブアプリの一種だ。知らなかった。というわけでウェブの知識もろくにない状態だった。

その時から「Django」(というPythonでウェブアプリを作成する補助ツール)の勉強を始め、ウェブ上のいろんなレクチャーや解説を試しても、結局なかなか満足に進められず、行き着いた先が:

The Web framework for perfectionists with deadlines | Django

と、そこにあるチュートリアル

Writing your first Django app, part 1 | Django documentation | Django

要するに大元に訪ねて行ったわけだ。細かい実習と奥深い解説がバランスよく配置されているのが大事。

 

そしてスペイン語で「ブックマーク」を意味するmarcadorのチュートリアルも良質で、並行してこちらもやっている。

django-marcador - Basic Django Tutorial

 

そうするとこんなサイトが手元に出来上がるので楽しい:

f:id:DWJEqxs2G0:20171029154545p:plain

 

NLP勉強サイト「100本ノック」の69問目を解くのに必要な予備知識は一通り揃った。あとはウェブアプリの構想と、もっと勉強と、実際の構築。

 

現時点で勉強しているのは「テンプレート」の書き方:

The Django template language | Django documentation | Django

 

 

www.youtube.com

 

lmolslmpotpsnnklmonspnonklmomlmqnnkosnnknrnnklmolqoqnnklmoplrqnnkptnnkkmonklmosskqnnklmnrtmtnnkpqnnkntnnklmorollmqmkqnnkrmonkmplmlmnkrmmrlkmslonklmpqrrsnnkmtnnkllmqmnsnnkrqnnklmprnrmonkktmnkmkonklmprmprnnklmqlpqmonkptn@/@,?nkptonklmrponkpnkpmpnkltnnkoqonknsonklmqplpqnnknsnnkktmnkkknnklrqsllmrknsqnnklmrmrnkpnkmmpnklnpnkpronknronklmqn()l $kolpnkkopnkltonklmsskoqonkmnomnktmnkIBJ5IrnMACHCJMAIroMAHlHJMAIrpMAHrHJ6B

 

0033 11 19 2 24 28 30 21 28
2017年10月28日21時24分

 

 

まーちゃんとおださくがとくにやべえ。ときどき見える加賀楓ももっと見たくなる。

 

小さな思いつきをほとんど手間取らずに実現できるのがコーディングのいいところ。

積み重ねていくと巨大な恩恵に浴することになる。

日々の充実がそれを証明している。

 

問:

「クラスでグループワークをやらせよう。」そんなことがよくある。

グループワークにもいろんな方法があるけれど、グループ分けを教師側の裁量として、しかもランダムにグループを作る場合、

一瞬でそれができたらいいよね・・

 

答:

やってみた。

いつも通りめんどくさいから全部説明しない。

手短にいうと実用性を目指して作ってあるくせに、

立派に一般性のある関数を作った。

(例えば、50人のクラスで1グループを最大40人にするとかいった無茶な設定を与えても、

偏りのない適切な落としどころを見つけられるとか。)

さらにグループ分けをcsvで出力できるように作ってみた。

 

本物の実行例を掲げるわけにはいかないので、テスト版のコードとその実行例を以下に。

 

コード:

f:id:DWJEqxs2G0:20171019221258p:plain

 

 

実行例:

f:id:DWJEqxs2G0:20171019215434p:plain

 

 

そして、確かにランダムだ:

f:id:DWJEqxs2G0:20171019221505p:plain

8BCGHHGDA9ST9378BD8G8BDC88BDAAHEDA98c&c#dBCGGAHCA98BBHG9DDDBACB9A

 

2101 19 22 12 2 27 68 6 58
2017年10月11日17時7分

 

 

 

f:id:DWJEqxs2G0:20171011173857p:plain