豊満な脳みそ←わがままブレーン

ただただ、暗号文をつくりたいがため

デスクトップアプリ

wxZ87wx9YFEv-zYY6ZYvwxZ58w5ZYvwxZ69vZ9YvYx9Yv95YYvxv697Y5vvwwxZ977wwYxx5YYvvZ6wwwxZZ88w9xwwxZ89Y6v6w59xYw65YYvwx8w6Y7ZYv57UVw$ ZYvvZ9YvwwvwxZ8YYvwxZ5Y76YYvwx9Y556xYvZ9Yxx8989w5xZYv97YYvwx9Y9w786w9ZY8w96YYvwx95ZZ5YYvwx958Y6YYvv5xYv

 

2212 5 6 14 7 81 88 19 40
2018年6月3日13時4分

 

 

4〜5月の間にデスクトップアプリをたくさん作った。簡単なアプリを一つ挙げてその件を記録しておく。

 

アプリ名: 語列ランダム化 (word randomizer)

機能:語の可能な組み合わせを出力する。特徴は、

          1. 可能な組み合わせを全て網羅している点

          2.出力がソートされている点

使用した言語:Python3.6

アプリ作成で使用したモジュール:PyQt5

 

 

スクリプト

f:id:DWJEqxs2G0:20180603131015p:plain

 

 

【イメージ1】

a,b,c,d,e,f,g で実行例を示す。

f:id:DWJEqxs2G0:20180603131152p:plain

 

 

【イメージ2】

「語列生成」ボタンを押すと右の「語列リスト」の枠に出力が表示される。

f:id:DWJEqxs2G0:20180603131252p:plain

 

 

【イメージ3】

「コピー」ボタンを押すと語列リストをコピーできる。それをテキストとしてファイルに貼り付けたイメージが以下。

a〜gの7個のアルファベットが組み合わせで並ぶので、

全ての可能な語列の数は7×6×5×4×3×2×1 = 5040通りとなる。

 

f:id:DWJEqxs2G0:20180603131404p:plain

 

f:id:DWJEqxs2G0:20180603131418p:plain

 

 

【イメージ4】

日本語での使用例は以下になる。

f:id:DWJEqxs2G0:20180603133508p:plain

 

f:id:DWJEqxs2G0:20180603133441p:plain